潜在意識

誰にでもある潜在能力の「引き出し方」とは?

往来庵の菊地克仁です。

いつも私のメルマガをお読みいただき、どうもありがとうございます。

今回は、いつもお送りしているメルマガと違い、私の本業である「潜在能力ナビゲーター」という仕事について、お伝えさせてください。

「潜在能力」は誰にでもあるもの

です。

でも多くの方々が、その「探し方がわからない」➡ だから「探せない」➡ 「自分の潜在能力がわからない」➡ だから「潜在能力を使えない」・・・という悪循環のスパイラルに入っています。

「潜在能力を探そうと思うけど、見つからない」という方がいます。

私は以下のようなお話をよくします。

「あなたはご自宅の庭をスコップで掘って、1億円のダイヤモンドを探そうと思いますか?」

 

多くの方が「いいえ」と答えます。

「それは、なぜですか?」と聞くと、「そんなの、あるワケないからですよ!」という返事が返ってきます。

そうなのです!あるワケないと初めから知っているモノを、誰も探そうなどとは思わないのです。逆に言えば、

「探そうと思う」とは、「ある」ということ

なのです。

ただ「その探し方がわからない」というだけのことです。

「潜在能力」を探すための道具が3つあります。

  • 潜在意識
  • 言葉
  • 個人特性

です。

「潜在意識」と「言葉」は、誰でも一定レベルのモノを持っています。「個人特性」はその人だけにしかないモノです。

ただそれぞれが、どんな「しくみ」で、どんな「働き」をするのかを、知らない人が多いのです。確かに、その道具について知らなければ、使いようがありません。

道具は持っているだけでは何にもなりません。使うことによって初めて、

「道具としての価値」が生まれます。

ここで挙げた3つの道具も同じです。

こうした考え方に基づいて、「自分の潜在能力をもっと活かしたい!」という方、もう少しわかりやすく、簡単にお伝えするページを作りました。

こういった内容にご興味ある方、是非こちらからご一読ください。私自身による動画(2分40秒)も入っています。➡ http://subconscious.tokyo/webseminar/

今回も最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。