生き方

「伝記」と「自伝」は何が違うのか?

㈱往来庵の菊地克仁です。

ブログをいつもお読みいただき、本当にどうもありがとうございます。暑い日が続きますが、お元気にされていますか?

ある人の業績や偉業を後世に残しておくための方法として「伝記」と「自伝」があります。今さらですが、伝記は「第三者が書いたもの」、自伝は「自分で書いたもの」です。

似たように感じるかもしれませんが、そこには非常に大きな違いがあります。(なお、自身の自慢話を目的とした自伝は、ここでは対象にしていません。)

その違いがわからずに読むことはおススメしません。読者の意識の深いところに、知らず知らずのうちに危険な価値観が刷り込まれて、徐々に染み込んでいってしまうからです。

例えばある研究者が、朝から晩まである実験に没頭し続けた結果、ある素晴らしい発見にたどり着いたとしましょう。

これを見た第三者は、

「これこそがこの研究者の努力の賜物だ!」

「苦労したからこそ報われた結果だ!」

「永年の血と汗と涙の結晶だ!素晴らしい!」

と本人を褒めたたえて伝えることでしょう。これが伝記です。第三者の解釈をもとに書かれたものです。

当の本人は、

「絶対に世の中のためになると思ってワクワクしながらやった!」

「寝食も忘れて無我夢中で没頭しているうちにこうなった!」

「そのときが一番充実していて幸せで楽しかった!」

と、その時の自らを振り返って言うでしょう。これが自伝です。

この二つの大きな違いは何でしょうか?

それは、本人のしたことを「苦労」とか「努力」という言葉を使って表現しているかどうか、という視点の違いです。

これらの言葉は、第三者が誰かを賞賛するときによく使う言葉です。

言われた方も悪い気はしないかもしれませんが、こうした第三者の言葉に「ん?」と一瞬首を傾げることなどもあるようです。

でもこれらの言葉を、自分のしていることに対して自ら口に出したら全然違う意味になる、ということに気がつく人はとても稀だと思います。

もしもあなたが、

「こんなに私は努力している。」

「私はこんなに頑張っている。」

「これだけ苦労してきた。」

と言うとき、あなたはどういうときでしょうか?

・イヤイヤやらされているとき

・義務感から仕方なくしているとき

・充実感もなくただやっているとき

・精神的につらいとき

ではありませんか?

少なくとも、あなたが何かに没頭して無我夢中になってやっているときには、絶対に使わない言葉だと思います。趣味の世界に浸っているときを思い浮かべれば、すぐにわかるでしょう。

だから、こんな言葉が自分に向けて無意識に口から出てきたら、

「はて、私はどこで無理しているんだろう?」

「本当は何をしたくないのだろう?」

と気づくチャンスなのです。

無意識の言葉が「セルフチェックに使える」

ということです。

ここで私は第三者の書いた伝記を読むな、と言っているのではありません。

ただ、

「苦労したから・・・」

「我慢して努力したから・・・」

「頑張ったから・・・」

という表現は、「他人から見た状態を表現する言葉だと知っておいてくださいね」ということです。

これを取り違えると、

「努力すること」

「頑張ること」

「苦労すること」

が目的になってしまうことになります。

「あいつはまだ苦労が足りない!」「人生なんて苦労の連続ですよ!」

といった言葉が口から出る人になります。

これは、本来「手段」のひとつでしかないものが「目的」にすり替わってしまっています。

成功を手にした人が、そこに至るまでを振り返ったときに、これらの言葉を本当に自分対してに使っていたかどうかを確認してみることは、とても有意義なことだと思います。

周りがそう言っているだけで、そのときの本人は苦労などとは全然感じていなかった、などという場合がよくあるのです。

大切なのはそのときの意識

その人は何を目的にそれをしていたのでしょう。その人の成果を素晴らしいと認め、自分もそうなりたいと思うのではあれば、やることはただひとつです。

その成功した人の使っていた「言葉」や「表現」を真似ることです。これが、成功者の意識を学ぶ一番の近道でしょう。

そして、その時の成功者の意識に自分も近づくことです。

「根性」や「気合い」「強い精神力」などはまったく要らないことが、このアプローチの大きな特徴です。「何ごとも根性だ!気合いだ!という姿勢を持ち続けなければダメだ!」と信じている方、少し立ち止まって、自分の生き方についてちょっと違う視点で考えてみませんか?

最後にビームスの設楽社長の言葉を挙げておきたいと思います。

「努力は夢中には勝てない。」

 

特別レポートを無料でプレゼント!

超初心者のための実践心理術ガイドブック

あなたの“潜在意識”を味方につけ
人生を“一瞬”で変える3つの方法

booklet1

潜在能力と潜在意識について学ぶことができる、
特別レポートを無料でご用意しました。

もしもあなたが、
「今の状態から早く抜け出したい」
「満たされた毎日を送りたい」
…と感じているのであれば、このレポートがきっと役に立つはずです。