考え方

「みんなもそう言ってるよ!」に騙されないために・・・

往来庵の菊地克仁です。

いつも私のブログをお読みいただき、どうもありがとうございます。

つい先日ですが、

「みんなもそう言ってるし、○○すればいいんじゃない。」

という友達の表現を聞いたときに「え!?」と違和感を持つことがありました。

この表現って、ものすごく曖昧で、不確かなものですよね。

かく言う私も、今までにこの表現を気安く使ってきました。何となく簡単で便利な表現だからです。「多くの人たちと同じ意見や考え方の私」という意識から出る言葉だと思います。

そこで不思議なことに気がつきました。

例えば、仲間たちと集まって話しているうちに、コロナ禍が収まったら、みんなでどこに行こうか、という話になったとしましょう。

どこにするという話合いの中で7割の仲間たちが「日光に行こう」と言い出しました。「そうだ、日光に行こう!」です。次にこの7割の仲間とあなたは二次会に行きました。

その二次会では「日光へは東武鉄道で行こう!」というあなたの提案に7割の人たちが賛成しました。

この二次会まで参加していたあなたは「東武鉄道で日光に行こうってみんな言ってるよ!」と言いたくなるでしょう。これは感覚的には自然な流れかもしれません。

でも冷静に考えてみてください。

「日光に東武鉄道で行こう」と言っている人は、

(日光に行く)7割×(東武鉄道を使う)7割=49%

です。過半の51%の人たちは「日光に東武鉄道で行く以外の案がいい」と言っているのです。

過半が「それ以外で・・・」といっているのに、「みんなも東武鉄道で日光に行こうって言ってるよ」と言いたくなってしまう、といった錯覚があります。

これが、入ってくる情報を、私たちが無意識に「削除」し、「歪曲」して受け入れ、出来事を「一般化」している部分です。

自分に必要のない情報や否定的な情報は「削除」してしまい、事実を「曲げて」とらえて、「みんなもそうだよ」という具合に「一般化」してしまおうとする姿勢です。

これは故意に悪気をもってされることもありますが、無意識にそう思い込んでしまうことなど、いくらでもあります。

我々の身の回りには様々な情報が飛び交っています。

特に、「みんなもそう言っているし・・・」というフレーズを聞いたら、「それって誰が言ってるの?」「みんなって誰?」と確認して聞いてみることも、有効かもしれませんね。

自分が人に言う場合も同じだと思います。

すると

「な~んだ、たった3人が言ってるだけなんだろ?」

「その人たちって本当に事情を知ってる人たちなの?」

「それって公衆トイレの落書きレベルのガセネタじゃん!」

なんていう話になることもあるでしょう。こういった情報には十分に注意したいと思います。

情報は、受け取り手のアンテナの張り方次第で、毒にも薬にもなるということだと思います。

特別レポートを無料でプレゼント!

超初心者のための実践心理術ガイドブック

あなたの“潜在意識”を味方につけ
人生を“一瞬”で変える3つの方法

booklet1

潜在能力と潜在意識について学ぶことができる、
特別レポートを無料でご用意しました。

もしもあなたが、
「今の状態から早く抜け出したい」
「満たされた毎日を送りたい」
…と感じているのであれば、このレポートがきっと役に立つはずです。