潜在意識

なぜ、口にしたことを実行しないと、恐ろしいことになるのか?

往来庵の菊地克仁です。

いつも私のメルマガをおよみいただき、どうもありがとうございます。

よく「約束は守れ!」とか、「有言実行!」などという言葉を聞きます。

反対に、「一度口に出したコトを実行しない」と、いったいどんな恐ろしいことが起こるというのでしょうか?

私は「潜在意識」や「言葉」の持つパワーについて、お伝えする仕事をしています。こうした視点で、今回のテーマをとらえてみたいと思います。

世の中で、約束を守らないときによく言われることは、「相手への裏切り行為」「嘘つき呼ばわりされる」「相手からの信用を失う」「人間関係が壊れる」等々、その言葉を交わした相手との関係悪化に焦点が移ることが多いように思います。

だから「約束は守ろうね!」「口に出したことは、ちゃんとしようね!」というワケです。

実は、本当に恐ろしいのは、そういったことではないのです。

もっともっと恐ろしいこと

が、あなたの内部で起こっています。そのポイントについて触れていきます。

あなたの中には「潜在意識」があります。あなたが意識するとか、しないとかにかかわらず、存在しています。「私は○○します!」と口に出したとき、この言葉はそのままこの潜在意識に入ります。

でも、あなたがその通り実行しなかったとき、つまり「自分との約束を破ったとき」、潜在意識にどんな影響があるのかについて、考えてみます。

こうしたことを繰り返していると、潜在意識はこう考えるようになります。

「私のご主人様って、言うだけで実行しないんだよね。それって真剣じゃないよね。今後、協力するのはやめておこう!」

このことによって、目的に向かう「幸運な引き寄せ」が起こることもなく、徐々に何ごとも思い通りに進まなくなってきます。予想しない問題が頻発して、あちこちで火の手が上がり、火消しに忙殺されるようになります。

益々約束を守るどころじゃなくなります。

悪循環の始まりです。

潜在意識が、協力的に全然動いてくれなくなるのです。

反対に、「私は○○します!」と口に出して、その○○を実行すると、潜在意識は次のように考えるようになります。

「私のご主人様って、言ったことは必ずやるんだよね!」

潜在意識には「恒常性維持機能」といって、現状を維持しようとする機能があります。つまり、口に出したことを常に実行していると、潜在意識はそうした状態(口に出したことが現実化すること)を現状として認識し、その状態を維持しようと始めるのです。

だから、この習慣を身につけた潜在意識が、ご主人様が口に出したコトの現実化が難しそうだとわかると、突然、目的に沿った「幸運なこと」や「有益な人」を目の前に引き寄せます。そのことで現状の維持を図ろうとするのです。

「偶然、夢みたいな幸運なことが起こりました・・・♬」

などと言うコメントを聞くことがあると思いますが、まさにこのことです。

だから「口に出したことを実行しない」ということは、この真反対の効果を自らに生み出していることに他ならないのです。自業自得という言葉がぴったりの状況です。これは、

本当につまらないこと

だと思いませんか?

この原理原則を知ったあなた、口から出したことは必ず実行する習慣をつけましょう。「するか、しないか」をあなたの中でハッキリとさせればいいだけです。こうした「しくみ」を知らずにする「適当なリップサービス」は危険です。

習慣化したその「現実の積み重ね(口に出したことを実行する習慣)」が、やがて内なる大きな力を持つようになります。「習慣化の力」などという表現も、同じことを意味していると思います。

このようにあなたの中にある「恒常性維持機能」を活用すると、誰でも予想以上のパワーを発揮することができるようになります。それは「潜在意識のパワー」を味方に付けるということです。(潜在意識の持つ大きなパワーについては、別の機会に改めて触れたいと思います。)

「人間の脳は90%以上が使われていない」などと言われますが、こうした活用法は、この使われていない部分の何%かを、自ら開拓して活用することにつながるでしょう。

今回も、最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

無料動画講座プレゼント!

自分の潜在能力を発揮させたい…とい思っているあなたへ

隠れた才能に気づき、
あなただけの人生を送るための

潜在能力を引き出す3つの道具
無料動画セミナー

toplpdesktop1

あなたの潜在能力を引き出し、

・売上げアップ
・パフォーマンスアップ
・人間関係改善

を実現させる3つの方法について、
無料動画でお伝えします。