人間関係

楽々と組織を活性化させる「不思議な言葉」

往来庵の菊地克仁です。

いつも私のメルマガをお読みいただき、どうもありがとうございます。

好む好まずにかかわらず、社会の中で、あなたも何らかの組織の一員になっていると思います。組織である以上、その活性化は永遠のテーマになっていることが多いようです。

組織の活性化に向けて、

「どうすればいいのか?」「各自の行動はどうあるべきか?」「何を自覚すべきなのか?」・・・

などと議論されることをよく耳にします。

確かに、ご専門のセミナー講師の先生方のおっしゃる通り、「○○すべきだ!」というお話はゴモットモなのですが、

すぐに忘れて、誰もやらない・・・

という典型的なヤツです。

今回の話題は、こういった「べき論、根性論、精神論」とはまったく違うお話です。

簡単に言えば、

「言葉を変えて組織を活性化しませんか?」

という誰にでもできる簡単な方法のご紹介です。そう聞くと、

「どうせ、相手のいいところを見つけて褒め合おうとか、前向きな言葉をお互いに掛け合おう、とかいうことじゃないの?」

などと考える方もいると思います。

ここでご紹介するのは、

それより、もっともっと簡単な方法です。

● 例えば・・・あなたが仕事であるミスをしてしまいました。自分の不注意からしてしまったことを、内心自分でもよくわかっているとします。

上司から、「なぜこうなった?」と問われたとしましょう。

あなたは、すぐに「責められている」と感じるでしょう。あなたの第一声が「あ、スミマセンでした」から始まるので、そのときの気持ちはすぐにわかります。

そして、委縮したり、言い訳を考えたり、その場からできるだけ早く逃げたくなります。

こうしたとき、例えば上司から、「これはミスだったね」とその状況認識を共有した上で、「次からどうしたらいいと思う?」と聞かれたら、あなたはどう感じますか?

二度と同じミスを繰り返さないようにしようと思うでしょう。そして、そのための善後策を上司に提案したくなりませんか?少なくとも「責められた感」はないと思います。

「このミス、なぜ、こうなったんだ!?」と問うのをやめ、

「これはミスだったね。」そして、

「次からどうしたらいいと思う?」

と言い替えるだけでいいいのです。

「たったこれだけのこと!?」と感じるかもしれませんが、実際にやってみるとわかります。あなたも逆の立場になってイメージしてみてください。

問われた側の思考の焦点が、言い訳やその場を回避することから、問題解決の提案に向いていることがわかります。

よく、「なぜだ!?」「なぜだ!?」「なぜだ!?」と3回繰り返せば、問題の根拠にたどりつける、と言う方がいます。が、これは人の感情をまったく無視したやり方です。

簡単に言えば、「正当な方法で犯人捜しをして、みんなで吊るし上げる」という姿勢そのものです。「こういった苦痛を味わいたくなかったら、二度と同じミスをするな!」といった罰を与える姿勢のあらわれでもあります。

こうした環境は、「本来、仕事とはつまらないもので、苦痛を伴い、義務で嫌々やらされるもの」といった前提を刷り込むことでもあります。

こうした方法で、本当に組織の問題が解決していくのでしょうか?

問われた側にとって、少なくとも新たなモチベーションを生むチャンスになることはないでしょう。非難される立場を、上手に回避する知恵だけを身に付けるようになる人もいます。

私の経験から、こうした回避能力に長けた人を、「優秀な人」と評する組織もあります。ただ、こういう人が何人いても、組織の活性化にはつながらないでしょう。ごく一部の余裕ある組織に許された方法だと思います。

今回ご紹介した方法は、普段の何げない言葉がけが、相手の思考を変え、言動を変え、やがて組織を活性化させていくことができる、という可能性を問うものです。

もし少しでも共感していただけたようなら、是非、あなたの職場の中でも実践してみてください。

とても簡単なことですが、効果は予想以上に絶大ですよ。言われた相手の顔の変化を見ればすぐにわかります。

今回は、月刊定期刊行誌「企業と人材」(産労総合研究所刊)の「組織を活性化させる潜在能力の活かし方」で、私の連載記事から一部抜粋してお伝えしました。

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

無料動画講座プレゼント!

自分の潜在能力を発揮させたい…とい思っているあなたへ

隠れた才能に気づき、
あなただけの人生を送るための

潜在能力を引き出す3つの道具
無料動画セミナー

toplpdesktop1

あなたの潜在能力を引き出し、

・売上げアップ
・パフォーマンスアップ
・人間関係改善

を実現させる3つの方法について、
無料動画でお伝えします。