考え方

子供をダメにする「褒め方」とは?

往来庵の菊地克仁です。

いつもお読みいただき、どうもありがとうございます。

先日、私のクライアントさんから、お子さんのことで「どうしたらいいのでしょうか?」とアドバイスを求められました。

子供の褒め方についてのお話です。

同居しているお爺ちゃんが、小学生の孫がテストで85点以上を取ってくると、ご褒美に100円くれるのだそうです。

おばあちゃんもご両親もこのやり方には反対でしたが、お爺ちゃんは「100円やって成績が上がるんなら、悪いことは何にもないだろう!」と言ってやめようとしなかったのです。

お孫さんは学校から帰ると、真っ先にお爺ちゃんにテストの結果を見せに行き、100円玉を握りしめて喜び勇んで戻ってくるそうです。

ところがこのお爺ちゃんが先日、骨折して入院してしまいました。これ以降、お孫さんはいい点数を取ってきても、100円をもらえなくなってしまったのです。

急速に成績が落ち始めたそうです。勉強する気がなくなってしまったのです。

この「85点以上取ったら100円もらえる方法」の欠陥は、どこにあると思いますか?

お爺ちゃんのように「目先の得られる結果」だけを見ていたのでは、きっとその欠陥は見つからないでしょう。

この方法の生んだ恐ろしい結果とはこういうことです。

無意識の中で、お孫さんが、

「外部からの評価を満たすために勉強する」

という姿勢になってしまったことなのです。「何のために勉強をするのか?」などとは、まったくかけ離れた価値観が、毎回お爺ちゃんの行動から刷り込まれ続けたわけです。

これは、85点のテスト結果を見せられて、「わぁ~ママすっごく嬉しい。今晩はご褒美に大好きなハンバーグにしようね!」などと言うのも、このお爺ちゃんの反応と五十歩百歩です。

親御さんの嬉しい気持ちはわかりますが、「恐ろしいこと」が子供に刷り込まれていくことに気がついてください。

こういったことが習慣化した子供は、

親の顔色を見て、自分の行動を決める

ようになります。親の微妙な顔の表情など、子供はすぐに見抜きます。

ここで、ご自分の子供はそのように育てたくはない、という方への質問です。

テストで85点以上をとってきた子供に、親はどのような言葉をかければいいのでしょうか?

次が模範解答のひとつです。

「ねえ、この点数が取れた自分のこと、どう思う?」

と聞くことです。むやみやたらに喜んで褒め上げてはいけません。

この質問をされた子供は、

「わからないところを塾の先生に聞いたから・・・。」

「友達に教えたところがテストに出たから・・・。」

「先生にわかるまで何回も聞いたから・・・」

などといった理由を自分で考えて、あなたに伝えると思います。

この子供は、自分の中にある「内的な基準」を満たすことを、勉強の中に見出したのです。

100円玉をもらう子供と違って、自分の「内側にある思考や行動」によって生まれた結果について、自分なりの価値を見出し、自らを評価する姿勢になっています。

100円玉をもらう子供は、「褒められて、お小遣いももらえるから」という「外的な基準」を満たすために勉強していたのです。

目先の結果だけを考えると、100円玉をもらえる子供の方が、短期的にはいい点数を取るかもしれません。でも、子供の将来性や可能性を考えたとき、すぐに後者の子供の方が伸びるだろうと感じるのは、私だけではないと思います。

何でもない「言葉」や「行動」が子供を蝕んでいくのです。

純粋な子供は、大人からの言葉の影響をより大きく受けやすいと思います。

実は、言葉が引き起こす結果については、相手が子供に限ったことではありません。

大人でも同じです。そして自分に対しても同じなのです。

自分の口から出た言葉は、自分の耳から自分の頭の中に返ってきて、また次の思考に影響を与えるからです。十分に注意したいですね。

今回も最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

無料動画講座プレゼント!

自分の潜在能力を発揮させたい…とい思っているあなたへ

隠れた才能に気づき、
あなただけの人生を送るための

潜在能力を引き出す3つの道具
無料動画セミナー

toplpdesktop1

あなたの潜在能力を引き出し、

・売上げアップ
・パフォーマンスアップ
・人間関係改善

を実現させる3つの方法について、
無料動画でお伝えします。