人間関係

「深読み」と「下衆の勘繰り」

往来庵の菊地克仁です。
いつも私のメルマガをお読みいただき、
どうもありがとうございます。

今回は、
ある方とお話している中で、
「え!」と感じたことがあったので、
このようなタイトルで
メルマガをお送りすることにしました。

性格的に
ものごとを真正面からとらえず、
斜に構えて、
「深読み」したがる人がいます。

あるいは、

ウラ事情を良く知っていて、
その分野のプロとしての見識から
「深読み」する人もいます。

また、

「深読み」しているつもりになっている人がいます。

この3番目の人は、
実は、
今までの自分の狭い経験から、

「そうだ、そうに違いない!」
といった強い「思い込みレベル」で、

ものごとを勘ぐって見ることが
当たり前になっている人です。

これが昔からよく言われる
「下衆の勘繰り」(げすのかんぐり)
です。

 

実は、
私の様な
「潜在能力の引き出し方」を教える
などという仕事をしていると、
こうしたことを実感することが
時々あります。

世の中には、
「目に見えないものは信じない」
という常識的な発想が
結構根付いています。

私のお伝えしている
「潜在意識」とか、
「潜在能力」、
「言葉のパワー」、
などと言うと、

「一体何やってんの?」
といった具合に

すぐに私そのものが、
人として疑われやすい状況に
陥ることなどもあります。

「建築士の資格まで持っているのに、
なんでこんなことしてるんですか?
資格がもったいないじゃないですか。」
と、
真顔で指摘されたこともあります。

「今の方が楽しいし、
ライフワークとして
充実しているから、
この仕事をしているのですよ!」
ということは、
人によってはお伝えしていません。

なぜなら、
「お伝えしてもわかりそうにないな」
と感じる方に、
いくら言っても
通じないからです。

先ほど挙げたような
「目に見えないもの」
について語ると、

以下の様なことを
よく勘ぐられることもあるようです。

「どうせ、
なんかアヤシイ世界に、
誘導するんじゃないの?」

「人の弱みに付け込んで、
変なお金儲けを
考えているんじゃないの?」

「そんなことやってる輩に限って、
本人はロクなもんじゃないんだ!」

などといった具合です。

 

確かに、
世の中には、
「目に見えないこと」
をいいことに、

「ニセモノ」を
「ホンモノ」と称して
騙して売ったり、

集金目的で、
「新興宗教」に勧誘したり、

人の弱みに付け込んで
「高価な壷」を買わせたり・・・、

といったことが、
至る所で、
まことしやかに行われていることも
事実です。

こうした出来事の
一面しか知らない人は、

「目に見えないものは訳が分からん!」
「相手を信用したら騙されるだけだ!」
「そんな話に乗ったら財産すぐに失うぞ!」

などとと考えるのは
当然のことだと思います。

 

私は、
仕事の一部で、
その人の「個人特性」を
知る道具として
「筆跡心理分析」という分野の
スキルを使っています。

かく言う私も、
この筆跡を診る世界の先生に
初めてお会いしたとき、

「何かイカガワシイなぁ…」
「それって怪しくない?」

というのか第一印象でした。

だから、
形として、
見ることのできないことや、
真贋がわかりにくいものは、

「とりあえず否定しておく!」

という姿勢は
よくわかります。

被害を回避するための
「一種の知恵」だと思います。

では、
なぜ「下衆の勘繰り」が
世の中に
頻繁に起こるのでしょうか?

答えは簡単です。

それは、
自分の数少ない
「経験」や
「今までの知り得たこと」を
根拠に、

「深読み」しようとする姿勢が
あるからです。

それを聞いた側が、
「楽しければそれでいい」
といったこともあるでしょう。

あるいは、
「その道の見識者としての
自分の印象を、
周りに与えたい!」
という深層心理の
あらわれかもしれません。

「その印象を周りに与えたい」
ということは、

現実はそうなっていないから・・・

ということなのですが、

これは深いところにある意識
の話なので、
本人も
このホンネの部分を
認識していないことが
よくあります。

ただこれは、
その世界を本当に知るプロがする
「深読み」とは異なり、

自分の知り得た
狭い世界を根拠に、
「深読み」のフリを
しているだけです。

明らかに「ニセモノ」です。

「下衆の勘繰り」
などという言葉は
昔から言われていることで、

古くから、
人の持つ「特性のひとつ」
あるいは「性(さが)のひとつ」
として
語り継がれた言葉だとも
言えそうです。

簡単に
この二つの言葉の違いは、

「深読み」は、責任を伴う指摘

「下衆の勘繰り」は、責任を伴わない個人的見解

と言えそうです。

どちらの姿勢に
軸足を置いた生き方を
選ぶのか?
その先は自由です。

今回も最後まで
私のメルマガをお読みいただき、
どうもありがとうございました。

潜在意識の引き出し方体感セミナー
  • 「今までいろいろな心理学を学んだが実践できない!」
  • 「潜在意識については知っているけど、使えない!」
  • 「もっと自分らしく生きる世界がある筈だが、わからない」
  • 「私はこんなもんじゃない筈だ!」
  • 「もっと新しい自分に変えていきたい!」
  • 「もっと自分を好きになりたい!」

このような方を対象に、オンラインセミナーオンラインorリアルの個別セッション2ステップで、潜在能力を引き出す方法をお伝えします。

潜在能力の引き出し方
体感オンラインセミナー

人間であれば誰もが持っている「自分だけの潜在能力」を引き出し、

1. ビジネスと私生活を両立しながら
2. 人間関係に悩むことなく
3. 目標や願望を実現できる

そんな“最高の人生”を送る方法とは?

※別途個人セッションを含むプログラムのため、ご参加いただける人数が限られています。興味がある方は、今すぐ席の確保をお願いいたします。

RELATED POST