考え方

国からの特別定額給付金10万円とお金の話

皆様のお手元には既に国からの給付金10万円は届いておりますでしょうか?残念ながら、私はまだです…。

ちょうどいい機会なので、今回はお金の話題について触れてみたいと思います。

ここに、あなたの1万円札があるとしましょう。

社会では、この綺麗な長方形の紙が1万円分の価値があるとされています。電子マネーでも同じと考えてください。

この1万円札を持ったAさんが、小さなお花屋さんで綺麗なお花の鉢植えを見つけました。これは掘り出しものだと直感したAさんにとって、それは1万5千円以上の価値のあるものでした。すぐにその1万円札でその鉢植えを買いました。

その鉢植えを売ったお花屋さんの店長さんは、次の日のランチに、3人の従業員への感謝と慰労を兼ねて高級弁当を用意し、みんなで楽しく一緒にランチをしました。お弁当屋さんに代金1万円を払いました。従業員たちのモチベーションが予想以上に上がり、2万円以上の生きた価値を生み出したと感じました。

この1万円をもらったお弁当屋さんは、新しい調理用の服とマスクが急に必要になり、近くの馴染みの店に行って1万円でこれらを調達しました。良いものを短時間で調達できたので、実質的に1万3千円以上の価値ある買い物ができたと感じました。

この話の中で、同じ1万円札が、Aさんからお花屋さん➡お弁当屋さん➡近所のお店、と移動しています。

同じ1万円札が流通して経済活動が行われたワケですが、それぞれ流通した金額を合計すると3万円になります。

では、それぞれが得た《価値》の合計はどうだったでしょうか?

1万5千円+2万円+1万3千円=4万8千円です。

4万8千円-3万円=1万8千円

これが買った側が得た付加価値の合計金額です。

あなたは5千円の価値しかないものに、1万円は払わないでしょう。

でも1万5千円の価値があると思えば喜んで1万円払います。これが「生きたお金の使い方」でしょう。

お金を使うことでいろいろな付加価値を手に入れることができますが、買い手によってその付加価値の大きさは異なります。

ある人にとってはタダ同然の価値しかなくても、ある人にとってはお金では買えないほどの大きな価値がある、ということも起こります。

人々が納得して交換するひとつの基準となるもの、これが「通貨」の役割だと思います。通貨自身が価値を持つのではなく、その通貨を使って「交換して得るモノ(コト)」に価値があるワケです。

さて、ここであなたは、

あることに気がつくかもしれません。

それは、1万円札をそのまま使わずに持っているより、その1万円札で何かを買った人の方が、その額面以上の付加価値を手に入れて豊かになったということです。

お金を使った人は、その付加価値分だけ、より裕福になったと言えそうです。

お金を持っている人は、様々な付加価値を得る権利と可能性を持っている、ということは事実です。

でもそれは使わなければ、そのお金の額面の価値、あるいはそれを持っているという満足感の価値以上はないでしょう。お金は未来への安心感と考えている人もいるかもしれません。

昔から「お金は墓場までは持っていけない」と言いますが、その通りだと思います。お金は使って初めてその価値が発揮されるものです。

今、国民にひとりひとりに対して国から10万円が支給されています。

このお金の使い道は人によってマチマチだと思いますが、自分がその額面以上の付加価値があると感じるものに、そのお金を使っていきたいと思います。

それが自分のためであっても、人のため、社会のためであっても、ご自身が付加価値を感じて「生きたお金」になるのであれば、素晴らしい使い方だと思います。

特別レポートを無料でプレゼント!

超初心者のための実践心理術ガイドブック

あなたの“潜在意識”を味方につけ
人生を“一瞬”で変える3つの方法

booklet1

潜在能力と潜在意識について学ぶことができる、
特別レポートを無料でご用意しました。

もしもあなたが、
「今の状態から早く抜け出したい」
「満たされた毎日を送りたい」
…と感じているのであれば、このレポートがきっと役に立つはずです。