人間関係

いつも否定的な姿勢の人を、たった【一言】で変える言葉

往来庵の菊地克仁です。誰にでもある「潜在能力」の引き出し方をお伝えしています。

いつも私のメルマガをお読みいただき、どうもありがとうございます。

今までは、個人レベルの話題に触れることが多かったのですが、今回は言葉の使い方次第で、組織の活性化にもつながる会話例について、お伝えしたいと思います。

前向きな話し合いがしたいのに、いつも新たな問題点や課題を持ち出して、参加メンバーに冷や水を浴びせるようなことをする方、あなたの周りにもいませんか?

私も経験したことがあります。こういう方は、結構頭も良くて、経験もあり、いろいろと物知りであることが多いようです。

ただ少し、

「自分の存在感のあらわし方」がズレている

のです。

みんなが気がつかない「問題点」、将来起こるかもしれない「課題」を指摘することで、「自分の存在意義」を、ご意見番役のような気持で、お披露目しているのかもしれません。

上司がこのタイプの場合

その組織が将来に向かって伸びることはありません。あなたはこの環境に居続けるかどうか、真剣に考え直した方がいいでしょう。世の中の変化について行けない組織です。

ただ、「それでも、その組織がやっていける理由がどこかにある」ということも同時に考えてみてください。それがあるから、こうした上司が平気でその組織にいられるのですから。

さらに、こうした上司への評価が組織内で高い場合、「仕事以外で評価される術」をこの上司は知っていることになります。

あなたはそれを盗み取って、スキルのひとつとして、別の場で活かすこともできます。このスキルが見抜けるようになったあなたは、同様のことをする部下に「×を付けること」も可能になります。

部下がこのタイプの場合

上司と違って、直しようがないわけではありません。今回はどうすればいいのか具体的にお伝えしたいと思います。

こうした会議が終わった後、二人だけのときに、本人に向かって、次のような質問をしてみてください。

「いろいろな意見、どうもありがとう。結局、本件についてキミはどうしたいんだ?

これだけで十分です。

これはみんなの前では絶対にしないでください。多くの場合、本人は即答できないので、プライドを傷つけてしまいます。すると益々悪循環に陥る可能性があります。

「問題の指摘」にばかり目を向けている人は、こうした質問にはすぐには答えられません。

そもそも「その先」については何も考えていないのです。だから、「その問題を解決したら、あるいはうまく避けられたら、次はどこに行くのか?」が明確になっていない場合が多いのです。

つまり、こうした方々も、

「何のために、その問題や課題解決に焦点を当てるのか?」

が自分でわかると、言動が変わります。

こういう否定的な指摘をする人は、もともと頭がいいことが多いので、その「存在意義を示す場」を少し変えてあげるだけで、全然違う「人財」になることもあります。

「上司から常にこう聞かれる」とわかれば、

「問題点」ではなく、自然とその「目的」について考え始めるようになります。

次に、あなたから、

「そのためには、どうすればいいと思う?」

と聞いてください。ぜひ、この順番で実際にこれらの言葉を使ってみてください。誰もがこの言葉を使い出すことで、本人だけでなく、組織の活性化にもつながります。

今回も最後まで私のメルマガをお読みいただき、どうもありがとうございました。

◆ 先般出版した拙著「楽しく夢を叶える人のパワフルキーワードがここにある!」(Kindle出版)は、引き続きご提供させていただいております。是非こちらからご一読ください。 4つのプレゼントもご用意しています。https://www.amazon.co.jp/dp/B09RWTGMRR

◆ なお、もし少しでもご自分の「潜在能力の引き出し方」にご興味があれば、是非、以下の【無料動画セミナー】にご登録下さい。お役に立てると思います。有料セミナーでもお伝えできるような内容をご提供しています。

無料動画講座プレゼント!

自分の潜在能力を発揮させたい…とい思っているあなたへ

隠れた才能に気づき、
あなただけの人生を送るための

潜在能力を引き出す3つの道具
無料動画セミナー

toplpdesktop1

あなたの潜在能力を引き出し、

・売上げアップ
・パフォーマンスアップ
・人間関係改善

を実現させる3つの方法について、
無料動画でお伝えします。