生き方

「過去と未来、自分と他人」って、全部変えられますよ~!

往来庵の菊地克仁です。

いつも私のメルマガをお読みいただき、どうもありがとうございます。

先日、「他人」と「過去」は変えられない。変えられるのは「自分」と「未来」だけだ!と、確信をもって連呼する方がいました。確かに常識的にはそうかもしれませんが、これってあなたは、

本当に、「本当だ!」と思いますか?

確かに「過去の事実(と思われる出来事や現象)」自体は変えられません。歴史を変えることができないのと同じです。

ではここで、例えば「学生時代にバイトで貯めた10万円を詐欺に遭って、そっくり全額を持っていかれた」なんてことを考えてみます。

これは

「思い出したくもない苦い事実」

として本人の記憶に焼き付いています。

「その後、同じような詐欺被害に逢ったことはあるんですか?」と聞くと、

「いいえ、そのときの印象が強烈過ぎて、ウマい話には気をつけるようになりました。だから、二度と詐欺には逢っていませんよ!」

という答えが返ってきました。

「じゃあ、その学生時代の経験があったから、社会人になっても騙されない自分がいたんですね」と聞くと、「まさにそういうことですね」と。さらに少し考えて、

「それって、実は将来に活かせる貴重な経験だったのかもしれませんね!」

という言葉が出てきました。

本人の中で、それまで「思い出したくもない苦い経験」だったものが、「貴重な経験」という解釈に基づく意識に変わっています。

過去のできごとの「解釈」が変わると、その「価値」まで変わります。

つまり、言葉を変えて、とらえ方を変え、解釈を変えることで、

「過去の価値」を変えることはできる

ということです。これは、「本人にとっての過去を変えること」と同じことだと思いませんか?

過去の出来事の解釈、すなわち「過去の価値」を変えることで、あなたの中の

「過去は、いくらでも変えることができる」

のです。

では、「他人」はどうでしょうか?

あなたはどなたかの本を読んだり、話を聞いたり、映像を観て、それまでの自分の考え方を変えた経験はありませんか?

これは、外部の情報によって自分を変えたのです。外部情報を第一人称として考えれば、あなたは「他人」という位置関係です。外部情報が他人(あなた)を変えたのです。そうなのです。「他人を変えること」もできるのです。

だから本当は、

「過去」も「他人」も変えることができる

と考えてもいいのです。「未来」と「自分」を変えることができるのは、言うまでもないことでしょう。

つまり、本当は、

「他人」も「過去」も「自分」も「未来」も全部変えることができる

ということです。

なぜ「過去と他人は変えられない」などと巷で常識のごとく言われるのか、本当にわからないところです。

「どれも自由に、思ったように変えられる」という前提で、これからの「自分の人生」を考えてみると、いっぺんに周囲の見える風景が変わってきませんか?

最後に、イギリスの作家ジェームズ・アレンの言葉をお伝えします。

現在のあなたは、過去の思考の産物である。そして明日のあなたは、今日何を考えるかで決まる。

今回も最後まで私のメルマガをお読みいただき、どうもありがとうございました。

◆「楽しく夢を叶える人のパワフルキーワードがここにある!」(Kindle出版)は引き続きご提供しております。是非こちらからご一読ください。https://www.amazon.co.jp/dp/B09RWTGMRR

◆なお、もし少しでもご自分の「潜在能力の引き出し方」にご興味があれば、是非、以下の【無料動画セミナー】にご登録下さい。お役に立てると思います。有料セミナーでもお伝えできるような内容をご提供しています。

 

無料動画講座プレゼント!

自分の潜在能力を発揮させたい…とい思っているあなたへ

隠れた才能に気づき、
あなただけの人生を送るための

潜在能力を引き出す3つの道具
無料動画セミナー

toplpdesktop1

あなたの潜在能力を引き出し、

・売上げアップ
・パフォーマンスアップ
・人間関係改善

を実現させる3つの方法について、
無料動画でお伝えします。