生き方

何でも人のせいにするのは楽だけど・・・

「これはアイツが悪い」「社会が悪い」「環境が悪い」というように、「(自分以外の)○○が悪いから・・・」とよく文句を言う人がいます。これは特定の人に限らず、一部のマスコミ関係者の姿勢にもよくあらわれているかもしれません。

「悪いのは他者であって、自分は悪くない」という姿勢

特に組織の中にいると、自己防衛のために、こういったことをなりふり構わず周りの関係者にアピールする人を見かけます。その言い分に周囲も納得すれば、組織の中で本人は無罪放免になり、誰からも非難されることがなくなります。

私は30年数年間の企業人生の中で、こうしたことがとてもうまい人を何人も見てきました。

こういった方々を見習おうとは思いませんでしたが、組織の中で他者をかき分けて生き延びるためには、ある程度必要なスキルなのかもしれないと思っています。

こういった姿勢は、テレビなどでもよく見ることができます。自分は第三者的立場に立って「(私は渦中にはいないが)○○が悪いと思う。○○の責任だと思いますよ・・・」といった具合に、自分以外の何かを責める姿勢がはっきりと読み取れるコメンテーターの方々を目にすることがあります。あなたもこういった姿勢はすぐにイメージができると思います。

さて、ここではその真反対の姿勢を貫き通すお話をしたいと思います。

突然ですが、次のような状況を想像してみてください。

急いでいるあなたは今、横断歩道の前で、なかなか変わらない信号をイライラしながら待っています。青になったのでスッと出ました。すると、右から信号を無視した子供の自転車が突っ込んできました。ぶつかって倒れたあなたは足首をくじいてしまいました。

幸運なことに、たまたまその場面を、近くでお巡りさんが見てくれていました。

あなたはお巡りさんに、

「私は青信号になったので横断歩道を渡り出したら、あの子が信号を無視して突っ込んできたんだ!原因は0対10であの子が悪い!」

とその子を指さしながら告げました。

お巡りさんは、「なるほど、今、私も見ていたので状況はよくわかります。」と言ってくれました。

次にお巡りさんが、こんなことを話し出しました。

「痛い思いをしていて大変恐縮ですが、今起きた事故の記憶を残したまま、時間を逆戻しして、先ほどの信号待ちをしている場面にもう一度戻ってみましょう。いいですか? はい、今、信号が青に変わりましたよ。さて、あなたはどうされますか?」

あなたは安全確認のためにチラッと右を見ました。先ほどの経験が活かされたのです。

それを見たお巡りさんが言いました。

「今、右をチラッと見て安全確認をされましたよね。この事故は、あなたに原因があったとは言いません。でも、ほんの一瞬ですが、この事故を防げる立場にあなたもいた、ということはわかりますか?」

さらに続けてこう言いました。

「これが子供の自転車ではなく、もしも音の静かな電気自動車だったら、この程度の怪我では済まなかったかもしれませんね。今後のことを考えると、あの子のお陰でいい経験をさせてもらった、という考え方もありますよね。」

「なるほど~、そう言われれば、そう言えないこともないなぁ・・・」とあなたは思うかもしれません。

最初、感情まかせに叫んでしまった「原因は0対10だ。私は絶対に悪くない!」とは言い切れないかもしれない、と考え出すのです。

こうした考え方は、

人のせいにして自分を守ろうとする姿勢と正反対のものです。

ですが極端に、「それは自分のせいだった」などとむやみやたらと「自分を責めろ」とか「反省しろ」と言っているのでもありません。

「自分にも少なからず原因があったかもしれない」

という姿勢で、ものごとをとらえる人。

「あくまで他者のせいで自分は悪くない」

と考える人。

その身に起きたことがらから、多くの学びのチャンスを得るのはどちら側の姿勢の人か、あなたにはすぐにわかると思います。

人生の大きな分かれ道

私はこうした日常の些細な考え方の差が、将来、その人がどのようは豊かさを育んでいくのか、大きな分かれ道になっていくのではないかと思っています。

これは相手を思いやるとか、相手の立場を考える、逆に全部私のせいだと考えて自分を責める、ということではなく、

「自分にも何らかの原因があったかもしれない。あったとしたら何だろう?」

と考えてみるだけのことです。「私のせい?」と自分を責める必要はありません。

あるいは、先ほどのお巡りさんが指摘してくれたように、

「記憶を残したまま時間をそのことが起こる前に戻すことができたとしたら、自分はまた同じことをするだろうか?それとも何か違う行動をするだろうか?」

と考えてみることです。

その差が、あなたの未来に向けた何らかの学びにつながっている筈です。

ただ、実際の組織活動の中で何か問題が起きたときに「これは私にも原因があった」などと発言すれば、これ幸いとあなたがすべての責任を負わされてしまう危険性があります。

そうなると、あなたの上司や部下、関係者にも迷惑がかかります。(社長やそれなりの責任ある方の場合は別ですが)

ここでお伝えした考え方は、ご自身の中にある「意識レベル」でとどめておいていただければいいと思います。

でも、この様な考え方で人生を歩めば、あるときは貧乏くじを引くようなことがあったとしても、やがて必ずあなたの人生に素敵なご褒美があると思います。

特別レポートを無料でプレゼント!

超初心者のための実践心理術ガイドブック

あなたの“潜在意識”を味方につけ
人生を“一瞬”で変える3つの方法

booklet1

潜在能力と潜在意識について学ぶことができる、
特別レポートを無料でご用意しました。

もしもあなたが、
「今の状態から早く抜け出したい」
「満たされた毎日を送りたい」
…と感じているのであれば、このレポートがきっと役に立つはずです。