人間関係

「孤独」という言葉から感じること

往来庵の菊地克仁です。いつも私のメルマガをお読みいただき、どうもありがとうございます。

先日、いつもより早く帰宅したので、久々にテレビ東京の「孤独のグルメ」(17:45~)を観ました。再放送でしたが、松重豊氏演じる井之頭五郎の独り言と食事風景が、相変わらず興味深い内容だと思いました。

仕事で出張の合間に、ひとり静かに地元の店で料理を味わう、というのもステキですね。

この番組を見ながら、ふと「孤独」という言葉が気になりました。「孤独」と聞いたとき、あなたはどんな感情が湧き上がりますか?

この番組のように「その時間をひとり楽しむ最高の環境」というとらえ方もあれば、「誰もいなくて寂しい状態」というとらえ方もあるかもしれません。

「孤独」という言葉の裏側に、人それぞれの感情や解釈が、へばりついていることがわかります。その原因は、幼少期の記憶かもしれないし、今までの経験からそう感じるのかもしれません。それは、その言葉の「前提」そのものです。

ウィッキーペディアでは、「孤独」とは「自分がひとりであると感じている心理状態」とあります。だから「寂しいと感じるのか」、「誰にも邪魔されずに素晴らしい状態と感じるのか」というのは、人ぞれぞれ異なるということだと思います。

同じ現象であっても、その言葉の「とらえ方」は人によって変わるということは、同じ言葉でも、

「意味するところ」は人によって異なる

ということになります。

だから、共通言語を使っている我々の間でも、コミュニケーションで「誤解」を生む可能性があることことがわかります。ましてや、異なる言語によるコミュニケーションは、そのバックボーンも違うので、たった一言が大きな争いに発展することが、いくらでもあり得るかもしれません。

人それぞれに「その言葉に隠された前提」が違えば、いくら力説して正確に相手に伝えようとしたところで、相手にはそのままの意味で伝わることは難しいでしょう。

残念ながら、学校教育の国語の時間では、こういった内容については何も教えてくれません。

さらに、先ほど触れた「言葉の前提」などということは、普通は考えることなどほとんどないと思います。でも、人によって、その口にする言葉の「前提」部分が、大きく異なる場合があるということは、知っておいてもいいことだと思います。

そして、これはとても重要なことだと思うのですが、

「自分の話す言葉の『前提』は何だろう?」

と、ときどき考えることは意味のあることだと思います。

これを習慣にしてみると、いろいろな会話から、相手の「本音の意識」が読み取れることもあります。気がつかなかった自分の「深いところにある意識」に気がつくこともあるでしょう。目の高さを変えると、景色が違って見えるようなものです。「何気ない言葉」の奥深さを感じます。

今回も最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

【無料ウェビナー開催のお知らせ】

自分の潜在能力を発揮させたい…とい思っているあなたへ

隠れた才能に気づき、
あなただけの人生を送るための

無料特別ウェビナー
潜在能力の引き出し方 入門編

 

あなたの潜在能力を引き出し、

・売上げアップ
・パフォーマンスアップ
・人間関係改善

を実現させる3つの方法について、
無料ウェビナーでお伝えします。